HOME | 施工 | 古代建築の施工について

茅吉のもう一つの顔が大工衆です。
普段の大工衆は在来建築を行っていますが、ちょんな(釿)を使った仕事もしています。
ここで紹介するのは平安時代の古代住宅の再現です

古代建築の施工の流れ

使用する道具

今では珍しくなってしまったちょんなという道具を使います。ここでは1500年以上昔の建物の復元のため、刃の形がはまぐりのように曲線になっている「はまぐり型」を使いました。300年位を境に、刃ははまぐりから平らな「あずま型」などに変わって来たと言う事らしいです。 

茅葺き屋根の施工で使う『ちょんな』の写真
ちょんなで木材を削っている様子
ちょんなで削った木材を組み合わせた様子

古代建築跡

遺跡調査で確認された後へ当時の生活を想像して、その跡へ復元していきます。 

古代遺跡後の復元のための調査

建て方

住居復元の工事の様子です。重いクリなどの材料を使用したので大変でした。直接地面にふれる所はバーナーで焼き防腐剤を施しました。 

古代建築の骨組みを建てている様子

下地施工

平安時代の復元ですが、耐震基準や防腐処理は行われているので、見えないところでの加工がしてあります。 材料のほとんどは、山のもので皮むきから始まり、製材所での加工はありません。 

古代建築の骨組みが完成した様子

縦穴式住居

平安時代を想像しながらの茅葺です。特別現代の茅葺と変わりはないですが、ハサミがまだなかったので、刈込は極力抑えました。

古代建築の仕上げの様子
完成した古代建築の写真

茅葺き屋根のことは
ぜひ茅吉にご相談ください

ご相談・お見積もりは無料です

日本の伝統・文化を伝えていくお手伝いができる会社です。茅葺き屋根の施工・補修のほか、雨漏り応急処置、こそくり、資材、 学校資料などお気軽にご相談ください。